海外旅行に持っていきたいもの

必須ではないけれど役に立つもの

海外旅行を計画すると、国内旅行とは異なる持ち物が必要になります。なかには現地で購入できるものもありますが、日本から持っていったほうがいいものもあるのです。そのひとつが、シャンプーやボディーソープです。旅行先の国によって、あるいは宿泊施設のグレードによって差がありますが、日本のようにシャンプーやボディーソープが用意されていない例もあります。お気に入りのものを小分けにして持っていくのがおすすめです。また、ウェットティッシュを持っていくのもおすすめです。旅行先によっては、手を洗えるところが限られる場合がありますし、食事のときにおしぼりが用意されないこともあります。そんなときウェットティッシュがあると安心で、除菌もできるタイプだと助かります。

健康管理のために持っていきたいもの

旅先で体調を崩さないため、海外へ持っていくと役立つかもしれないアイテムがあります。代表的なものがマスクです。これはおもに飛行機のなかで使用します。機内はかなり乾燥していることが多く、のどや鼻を痛めてしまう場合があります。それを防ぐためにマスクが有効なのです。機内の騒音対策として、耳栓やノイズキャンセリング機能のついたヘッドホンもおすすめです。また、目的地が暑い地域なら、スプレー式や電池式の虫除けを持っていくとよいでしょう。さらに、日焼け止めも忘れないでください。長期的な健康管理として、紫外線対策は大切です。国によっては日本よりも日光が強烈なこともあるので、肌が弱い人はたとえ短期滞在でも配慮が必要となります。

タビマスターズ