旅行用のスーツケースの選び方について

スーツケースのサイズ選び

スーツケースを選ぶ上で大事なのはサイズです。サイズを決める上で重要なのはスーツケースの容量で、各メーカーとも容量をリットルで表記しています。サイズは30リットル程度のものから、90リットル以上のものまで幅広く存在します。目安として30~40リットルなら2~3泊、50~75リットルなら4~7泊、80リットル以上は一週間以上の長期旅行向けです。大きいスーツケースの方が長期旅行にも対応できるので魅力的に見えます。しかし、サイズが大きければ重くて運びづらくなる可能性があります。特に身長の低い人や女性は80リットル以上のスーツケースを運ぶのは困難です。一般的には一週間前後の旅行に対応できる70リットル程度のサイズがよく売れています。

ソフトケースかハードケースか

スーツケースに使われる素材は大きく分けるとソフトとハードの2種類に分類されます。ソフトケースは外側の素材がナイロンなどの化学繊維の布でできているタイプです。布だけでは強度が弱いので金属や樹脂のフレームで補強しています。軽さが最大の特徴で、また価格もハードケースより安いものが多いです。ハードケースは外側が強化プラスチックなどの硬い素材で作られているタイプです。金属のフレームでケースを閉じるタイプとファスナーで閉じるタイプの2種類があります。ソフトケースに比べ強度や耐久性が高く、またフレームタイプなら防犯性にも優れています。ただし、ソフトケースより重いです。海外旅行に使うなら強度と防犯性に優れたハードケースが最適です。国内旅行だけならソフト、ハードどちらでも問題はありません。

タビマスターズ