海外旅行で強盗や詐欺に合わないようにする方法

海外旅行に好ましい服装をする

海外旅行に行くことになると、気分が高揚しオシャレをして写真をたくさん残して素敵な旅行にしたいと誰しも思います。しかし海外で高級ブランドを身にまとい、お気に入りのハンドバッグを持っている派手で目立つ格好をすると「狙って下さい」とスリや強盗に自らアピールしているようなものです。ただでさえ日本人は狙われやすいのに、そのような格好は更に目立ってしまいます。「日本」という国は海外に比べ比較的治安が良く犯罪率が低いので、普段の日常でスリや強盗を警戒しながら生活している人は少ないと思います。そのため、そのままの感覚で海外に行くと痛い目に合ってしまいます。海外で観光地などに行く際は、カジュアルなスタイルで足元も歩きやすいスニーカーが良いです。現地の人たちのスタイルに溶け込んだ服装を心掛け、まるでその地に移住しているかのような自然な装いでいると狙われにくいといわれています。

盗難・強盗に合わないようにする「バッグ」の持ち方と選び方

日本人はショッピングが大好きで、旅行の目玉にしている方が多くいると思います。そんなショッピングでも日本人は非常に無防備だといわれています。特に注意が必要なのは貴重品が入っている「バッグ」の持ち方です。必ず、体の前に抱えるようにして持つようにします。形はショルダーバッグがおすすめですが、前に持ってきて邪魔にならない大きさが理想です。肩から掛けているだけの人も多くいますが、簡単に取ることができてしまいます。またリュックなどは背中に背負っていて見えないので、知らないうちにナイフなどで切られて中身が無くなっていることもあります。必ず、体にたすき掛けになるように持ち、前で抱えれるものを選びます。ただし、万が一盗難に合ってしまったら、無理に抵抗を続けてしまいかえって大怪我に繋がるケースもありますので注意が必要です。現金や貴重品をなるべく持ち歩かないようにする必要があります。

タビマスターズ