北陸新幹線で行く、上越の旅

春の高田城百万人観桜会

春、桜の咲く季節を迎えた上越市では、日本3大夜桜として名高い「高田城百万人観桜会」が開催されています。今回は、夜桜ではなく昼間に観に行くお花見の楽しみ方をご紹介いたします。まず会場に着くと目に付くのは、お堀を渡る橋から眺められる妙高山の残雪と高田城桜並木の白とピンクの色鮮やかさです。ボンボリに照らされた桜の幻想的な雰囲気とはまた違った、桜の美しさが楽しめます。次に楽しめるのは、日中ならでは民謡ステージや、駐屯地がある陸上自衛他のパレードなど、ご当地ならではの各種イベントです。もちろんメインは桜を堪能することですが、こういったイベントがあることで、より楽しめる旅行になると思います。また、日程によっては最寄の高田駅前の商店街で春フェスタとして、地元シェフが集結したイタリアンフェスティバルや、痛車まつりも開催されています。お花見の寄り道として、行って見るのも楽しみの一つです。

夏の夜に咲く、上越祭り

毎年7月23日~29日に「上越まつり」と際して、城下町・高田の祇園祭に始まり、港町・直江津での大民謡流しや大花火大会など、各種イベントが開催されています。直江津では、26日に大花火大会があり、歩行者天国となった地元商店街では子供たちに向けのイベントや、お祭りならではの屋台が軒をつらね、地域の住民や、県内外からのお客さんを楽しませています。またお祭り期間中は、直江津地区各町内の特色がでた屋台みこしが町内外を巡航し、最終日の夜には屋台みこしに積まれたお餞米を、町内を代表する若者が勇ましく地元八坂神社の参道を駆け抜け奉納します。屋台みこしを彩る提灯の幻想的な灯りと、祇園囃子の音と住民たちの歓声が夜遅くまで鳴り響き、夏の夜の心地よい一時を味あわせてくれます。

タビマスターズ

満足度の高い旅行にするには?失敗のない旅行先の選び方!

旅行の目的を明確にする!

旅行先を決めるのに迷ってしまい時間を無駄にしたという経験をした事があるという方も多いですよね。満足度の高い旅行にするには「どう楽しみたいのか」を明確にする事が旅行先選びの大切なポイントの1となっています。旅行でショッピングを楽しみたいといった方の場合、様々な専門店が集まっている都市部やショッピングモール等の大型商業施設がある地域を選ぶ事でファッションから趣味と幅広い年代の方が満足する事が出来ます。一方で、のんびりと過ごしたいといった方の場合、リゾート地や都市部から離れた自然が豊富にある地域を選ぶ事になると思います。目的を明確にする事は、旅行先を絞れるので時間を無駄にせずスムーズに旅行先を決める事にも繋がるんですよ。

移動方法もしっかりと比較する!

旅行では、移動方法の比較も重要なポイントの1つです。車や電車だけではなく、バスや飛行機と様々な方法がありますよね。目的地までの移動中に楽しみがあるとより思い出に残る旅行にする事が出来ます。車やバスで目的地に向かう場合、途中のサービスエリアや地域の特産品を調べておくと良いでしょう。その地域でしか食べる事の出来ない美味しい料理がある場所を休憩ポイントとする方も意外と多いですよ。電車を利用する場合、楽しみにしている方が多いのが駅弁です。運転せずにのんびりと目的地に向かいながら電車内で駅弁を食べる事で旅行をしている実感を味わえるといった魅力があります。目的地へ向かうための移動方法は複数あるので、それぞれの魅力を比較すると良いでしょう。

ホームエクスチェンジ

旅行を安く楽しむために抑えておきたいポイント!

新幹線は早期予約がお得!

旅行する時新幹線を利用する事も多いですが、この交通費を安く済ませる方法があります。それは普通にチケットを買うのではなく、早期予約をしておく事です。飛行機ではよく利用されていますが、実は新幹線にも早期予約割引があります。JR東日本の場合は、「お先にトクだ値」や「えきねっとトクだ値」というサービスがあります。これを利用すると、通常の料金よりも20~35%程安く済ませる事が出来ます。東海道新幹線の場合には、「ぷらっとこだまエコノミープラン」があります。山陽新幹線なら「東京往復スーパー早得きっぷ」と、各社様々なサービスがあるので利用するようにしましょう。交通費を抑える事が出来れば、その分旅先での料理や買い物などに予算が回せます。

工夫次第で宿泊費も安く出来る!

旅先で泊まるホテルや旅館ですが、一流の場所に泊まって宿泊費にお金を掛けるというのも良いですが、どうせならそこは安く済ませて、他の事にお金を使いたいという人もいます。そういう場合には、ちょっとした工夫で宿泊費をだいぶ安く抑える事も可能です。まず一番簡単な方法としては、格安のビジネスホテルを利用する良いです。食事などは外で済ませれば良いですし、ホテルはお風呂に入って寝られれば良いという方には十分な設備が整っています。もう一つあまり知られていない物で、ユースホステルという物があります。非常に低価格で利用出来る、相部屋スタイルのホテルです。男女は別になっているので安心ですし、他の宿泊客との交流が出来るので、人によってはメリットにもなります。

タビマスターズ

旅行用のスーツケースの選び方について

スーツケースのサイズ選び

スーツケースを選ぶ上で大事なのはサイズです。サイズを決める上で重要なのはスーツケースの容量で、各メーカーとも容量をリットルで表記しています。サイズは30リットル程度のものから、90リットル以上のものまで幅広く存在します。目安として30~40リットルなら2~3泊、50~75リットルなら4~7泊、80リットル以上は一週間以上の長期旅行向けです。大きいスーツケースの方が長期旅行にも対応できるので魅力的に見えます。しかし、サイズが大きければ重くて運びづらくなる可能性があります。特に身長の低い人や女性は80リットル以上のスーツケースを運ぶのは困難です。一般的には一週間前後の旅行に対応できる70リットル程度のサイズがよく売れています。

ソフトケースかハードケースか

スーツケースに使われる素材は大きく分けるとソフトとハードの2種類に分類されます。ソフトケースは外側の素材がナイロンなどの化学繊維の布でできているタイプです。布だけでは強度が弱いので金属や樹脂のフレームで補強しています。軽さが最大の特徴で、また価格もハードケースより安いものが多いです。ハードケースは外側が強化プラスチックなどの硬い素材で作られているタイプです。金属のフレームでケースを閉じるタイプとファスナーで閉じるタイプの2種類があります。ソフトケースに比べ強度や耐久性が高く、またフレームタイプなら防犯性にも優れています。ただし、ソフトケースより重いです。海外旅行に使うなら強度と防犯性に優れたハードケースが最適です。国内旅行だけならソフト、ハードどちらでも問題はありません。

タビマスターズ

日帰り旅行を楽しむコツはこれ!

日帰り旅行のメリットとは?

あなたは日帰り旅行が好きですか?日帰り旅行のいいところは宿泊のことを考えなくていいので、思い立ったらすぐ出発することができ、逆に風邪をひいたり、何かトラブルがあって出掛けられないような場合にも日にちや時間の変更が容易だということです。また、旅行にかける日数もその日1日ですので一緒に行く人との予定もあわせやすく、忙しい人との旅にも適しています。せっかく旅行に行くのなら、旅先でゆっくりくつろぎたいという人も多いと思いますが、日帰り旅行でもプランの組み方しだいで、くつろぎ感を得ることも可能です。そんな日帰り旅行の楽しみ方のコツを3つ挙げてみましたので、ちょっと時間ができたら仲の良い友人や恋人、家族と出かけてみてはいかがでしょうか。

日帰り旅のコツに共通することは…

日帰り旅行を楽しむコツの1つ目は、移動時間を多く取りすぎないということです。朝9時に出発して、夜9時に帰宅するような場合、旅行の時間としては12時間あるわけですが、移動時間はこのうち3分の1程度に抑えるといいでしょう。それ以上長いとずっと乗り物に乗っていたように感じてしまうことが多いです。次に2つ目のコツとしておすすめしたいのが、昼の食事はゆったりとした環境で食べるということです。食事の時間が短かったり、落ち着かない環境で食べると、旅の後半で疲れてしまいます。最後に挙げる3つ目のコツは、お土産選びに時間を掛け過ぎないということです。日帰り旅行ですし、お出掛け程度に考えて、自分のために大切な旅の時間を使うようにしましょう。このように日帰り旅行を楽しむコツは時間を上手にコントロールすることです。上手く時間を使って日帰り旅を存分に楽しんでくださいね。

旅行

旅行の計画はゆとりをもって計画しよう!

スケジュール管理には余白を入れておこう

国内や海外に限らず、旅行に行く前に計画する旅の予定は旅行の楽しみの一部です。様々な観光名所をどのようなルートで回ろうかを考えたり、何時にどんなレストランで食事をしようか考えるのはとても楽しく、旅行の計画でしか味わえない面白さを感じられます。しかし、あまりにもタイトな計画を組んでしまったために、旅行当日に思うように遂行できない場合も発生します。したがって、旅行の計画をする際には、時間の余裕を計画に盛り込んでおく事がとても大切です。さらに、それでも万が一計画どうりに行動できなくてもいいように、あくまで目安程度に考えておくと旅行を台無しにしてしまう可能性も低くなります。旅行は計画どうりにきっちり観光したい方にとって、これは非常に難しいかもしれませんが、計画が上手くいかなかったことで旅行を楽しめないのでは旅行をする意味がありません。

旅行の目的は計画を遂行することではなく楽しむこと

旅行の最大の目的は旅を楽しむことです。間違っても旅行の計画をしっかり遂行することではありません。旅行は初めて行く土地の空気感や文化、街並を味わい、時間にとらわれず自然なリズムで回る方が時間に縛られず、旅行を心から満喫できます。その土地土地で起こる予想していなかった出会いやハプニングも旅の一部であり、旅行をしなければ味わえなかった喜びを味わえます。したがって、旅行計画に縛られて、臨機応変に対応できない事で旅行仲間と喧嘩になったり、お互いに気まずい思いをしてしまっては旅行の楽しさが半減してしまいます。時間の余裕を盛り込んだ計画と、心の余裕を両方兼ね備えて旅をする事が心から旅行を楽しむための秘訣となります。

旅芸人